こんにちは!!シンです(^^)/

このブログでは色んな身体の事から

トレーニング・サプリやダイエット

など身体に関する内容や商品の紹介

をしていこうと思います!

コロナウイルスの影響はいつになれ

ば収まるのか。

皆さんここが気になりますよね。

しっかりと免疫力を上げて うがい

手洗いを心がけましょうね。

今日は免疫力を上げる方法を ご紹介します(^^♪

笑う


10人の男女(平均年齢22.9歳を対象に、

コメディアンによるユーモラスな映像を

見た場合と教訓的なビデオテープを見た

場合とで、唾液中のIgA濃度を比較した

ところ、教訓的なビデオの後のIgA濃度は

変化なしでしたが、ユーモラスな映像を

見た後のIgA濃度は有意に上昇。

日々の笑いは免疫を高めてくれそうです。 笑えるビデオと教訓的なビデオの視聴前後でのIgA濃度比較のグラフ  

身体を温める


低体温だと免疫細胞の活動性も低下して

しまいます。

お腹や腰が冷えているリンパ球減少症の

男女6人(28~70歳)が、睡眠中や日中に

湯たんぽで胴体や四肢を温めたところ、

免疫を上げるリンパ球が大幅に増加した。

汗をかかない程度に体をほどよく温める

には、 湯たんぽもお薦めです。

体の温め前後でのリンパ球数の比較グラフ

適度な運動をする


18~85歳の男女1002人を対象に冬期12週間

の上気道感染症(風邪)の症状と運動頻度

の関係を調べたところ、運動する日数が

多いほど風邪をひく日数も少なく、

重症度も低いという結果に。

激しすぎる運動も運動不足も免疫を落とし

ますが、汗を軽くかく程度の適度な運動は

積極的に行いたいものです。

運動頻度別 上気道感染症発症日数のグラフ

バランスの取れた食事


食品にも免疫を高める働きがあります。

例えば、全粒穀物摂取量と疾患リスクに

ついて45報の論文を解析したところ、

1日当たり全粒穀物を90g(パン2枚と

シリアル1皿相当)以上摂取すると、

摂取しない場合に比べて感染症やがん、

心疾患などの発症リスクが低下しました。

また、200人の医療従事者を緑茶成分

・1日あたりカテキン378mg

・テアニン210mgを含む

を摂取する群、偽薬をのむ群に分けて比較

した研究では、緑茶成分を摂取した群では

偽薬をのむ群と比較してインフルエンザ

発症率が有意に低下しました。

乳酸菌食品やメカブなどの報告があります。

 

  全粒穀物を多くとる人は病気になりにくい⇩⇩ 全粒穀物摂取者の疾患リスク低下のグラフ  

 

緑茶を飲むとインフルエンザにかかりにくい⇩⇩ 緑茶成分によるインフルエンザ発症率のグラフ

===================

   ★★★まとめ★★★

免疫力を上げるには様々な方法があります

がとても簡単なものが多いと思います。

日々の習慣の中に組み込んで実践して

行きましょう(^^)/

===================

ではまた(^^♪